So-net無料ブログ作成
検索選択

K-1選手・偏差値ランキング [ブアカーオ]

現時点での戦力や今後の伸びなども考慮に入れてK-1 MAXの選手のランキングをつけてみました。無論、K-1ルールにおける強さの比較であってムエタイやボクシングの実力ではありません。

偏差値  選手

70 ブアカーオ・ポープラムック

65 アンディー・サワー

60 ドラゴ、アルバート・クラウス、魔娑斗、(ヨードセングライ・フェアテックス?)

58 ヴァージル・カラコダ、佐藤嘉洋、ジョン・ウェイン・パー、ジョーダン・タイ、(ファリッド・ヴィヨム?)

55 マイク・ザンビディス、小比類巻貴之

~50 HAYATO、アルトゥール・キシェンコ、TATSUJI、武田幸三、宍戸大樹、など大勢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブアカーオが先頭を独走し、そこから少し離れてサワーが追走、さらに少し離れて偏差値60~58の集団が走っている感じでしょうか。2002年とか2003年頃のMAXであれば偏差値60でチャンピオンになれたのですが、年々レベルが上がり、現在では70が合格ラインになってしまったようです。

その日の体調や相性の良し悪しなどによって偏差値5程度の変動は起こりうることを考慮に入れると、ブアカーオと善戦する可能性があるのはアンディー・サワー、魔娑斗、ヨードセングライ・フェアテックスあたりかと思われます。かつてこのブログで最強の刺客として紹介したファリッド・ヴィヨムや、かつてブアカーオにあと一歩まで迫ったジョン・ウェイン・パーは年齢的に現在弱体化している可能性が大なので、ちょっと厳しいかなあという印象です。

その他、新規参戦してくる可能性がある強豪としては英国のスティーブ・ウェークリングが要注意です。2006年のS-1優勝者で、ジョン・ウェイン・パーやジョムホードにも勝っている実力者です。

さてさて、年末のブアカーオの試合、相手は誰になるのでしょうか?ブアカーオも主催者側も魔娑斗との対戦を熱望しているようですが、魔娑斗は過去にブアカーオとの対戦を避けた経緯があり、今回も逃げる可能性はあります。受けて立つようなら彼を少し見直しますが・・・。

 

追記: 

今後偏差値が上昇する可能性が高い選手

ブアカーオ・ポープラムック、アンディー・サワー、佐藤嘉洋、ドラゴ

偏差値が下降する可能性が高い選手

魔娑斗、アルバート・クラウス、ヴァージル・カラコダ、小比類巻貴之

 


nice!(1)  コメント(19)  トラックバック(2) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 19

キング

はじめまして。いつも興味深く拝見させていただいています。
偏差値ランキング面白いですね!
僕は最近出ないガオグライの大ファンなのですが、彼を
入れるとしたらどこに入りますか?やはりブアカーオの相手には
全然ならないのでしょうか?ぜひガオグライにK-1(MAXでなくとも)で
大活躍してほしいのですが。。。
by キング (2006-09-18 09:17) 

しょちょう

キングさん
試合前にコンディション作りのための時間がしっかり与えられ、減量がうまくいったと仮定すると、ガオグライの偏差値は58あるいは60と判定します。MAXでの試合数が少ないので判断が難しいですね。。
by しょちょう (2006-09-18 09:34) 

Xinn

初めまして。面白い試みですね。
確かにブアカーオ選手が独走中で、サワー選手がその後を追ってる感じです。

ただ、カラコダ選手は要注意だと思いますよ。
決め手になる1発がないだけで、他はほとんど不安要素がないですから。

個人的には、佐藤嘉洋選手に、頑張ってもらいたいですね。
日本選手のうち、最も伸びしろが大きいと思いますし。

後、小比類巻選手も、偏差値の下降する可能性が高い選手に、
追加お願いします(笑)
by Xinn (2006-09-18 21:29) 

しょちょう

Xinnさん
はじめまして。
カラコダの戦力分析は非常に難しいと思います。顔以外の場所の打たれ強さが驚異的で、それを前面に押し出す形で突進し、パンチでポイントを稼ぐというスタイルですね。トーナメントで優勝は無理だけどワンマッチなら強豪にも善戦をする選手です。
さて、僕が感じているカラコダの問題点ですが
1:ローを中心にキックをもらいすぎる
2:試合のたびに、南アフリカから一日がかりで日本に来る
この2点です。特に1が致命的だと感じています。
あれだけ同じ場所にローキックをもらい続けると、いつか脚が壊れます。身体の頑丈さに頼ったファイトスタイルは長続きしません。カットの技術はいくらか持ち合わせているようですが、いかんせん元ボクサーですから限りがあります。それにアフリカから日本に来るのは身体的にかなりきついです。直行便はないでしょうから丸一日かけてくるわけです。時差もあります。試合前にすでに疲れてしまいます。
コヒに関してはすっかり意識から抜け落ちていました。もちろん偏差値下降組に入れておきます。
by しょちょう (2006-09-19 11:02) 

yoshi-HERO

yoshi-HERO
by yoshi-HERO (2006-09-19 11:24) 

しょちょう

yoshi-HEROさん
客観的な評価は上記のとおりです。魔娑斗は早晩トップ集団から脱落するでしょう。日本人最後の砦はあなたです。ぜひトップ集団に入ってください。それだけの潜在能力はあります。期待してます。
by しょちょう (2006-09-19 12:37) 

新参者

 ガオグライは嫌いじゃないですけど、ヨ-ドセングライ>ラムソムクラ-ム>
ガオグライなので、MAXでは無理でしょう。それよりブアカ-オ、大晦日は一昨年流れたムエタイ世界一決定戦をヨ-ドセンクライとやってもらいたい。セ-ンチャイも強いが、フェザ-級の選手をMAXに出すとは考えにくい。多分マサトはまた逃げるので。新しい相手はタイ人しか通用しないですかね。
by 新参者 (2006-09-21 11:15) 

しょちょう

新参者さん
ヨードセングライの試合を見ましたが、あのキックの破壊力はブアカーオを超えているかもしれません。パンチも極めて正確ですし。雑誌の記事によるとポープラムック・ジムの会長さんも相当警戒を強めているようです。
ただですね、ここで問題なのが谷川P。「タイ人はこれ以上増やさない」という方針らしく、ヨードセングライの本格参戦は難しいようです。もし彼がブアカーオに勝ってしまったら、今後も試合を組まざるを得なくなり、当然トーナメントにもエントリーすることになり、谷川Pが恐れている「タイ人によるK-1独占」が起きてしまう可能性があります。
ということで、ヨードセングライは参戦できないのではないかと思っています。ヘビー級の堀とか中迫あたりとやって軽く勝ってみるのがいいかもしれません。
by しょちょう (2006-09-22 01:01) 

面白い話ですね。
ブアカーオのトップは、今のところ揺るがないでしょう。サワーがやはり、追っているのも、そうなんでしょうねえ、、、、もう少し近接している評価を、私としてはしてあげたいところです。(68?は行き過ぎですか)

タイの選手は、なんと言ってもムエタイをバックボーンに持ってますから、クラスを考えると、k-1MAXで力を示すのは、ある面、仕方ないのでしょう。
いっそ、興業として、日本で、ブアカーオとムエタイのトップ選手の試合を見せてもらいたいところです。(K-1でなく、ムエタイで)

あと、申し訳ないのですけど、小比類巻選手、先日の試合の印象だと、もうすでに下の行に分類されてしまうようにも感じました。
by (2006-09-22 04:23) 

すしねた

こんにちは。ブアカーオがらみの記事がUPされるのを楽しみに、時々読ませてもらっています。

今年のブアカーオ優勝の記事のときに、ドラゴのことを筋肉人形扱いされていたので、今回意外と偏差値が高くて驚きました。しかも上昇の可能性大と!
若さゆえの抜擢でしょうか?ドラゴがファイトスタイルを見直して技術を研けば、あのパワーと合わせてサワーと並ぶくらいの実力者になるかも知れませんね。
運が良ければ打倒ブアカーオもなるかも・・・。

あと自分は佐藤選手(何故か呼び捨てにしづらい)を応援しているので、今後伸びるところに入っていて何だかほっとしました。

最後に、ジョーダン・タイの偏差値が妙に高いけど、しょちょうさんイチオシの選手なんでしょうか?試合を観たことがないので、樹になります。
by すしねた (2006-09-23 09:34) 

しょちょう

みちあきさん
サワーとブアカーオとの差は、サワーと魔娑斗との差に近い、というかそれ以上ではないかと思っています。やはりこの偏差値表でいうと5程度の差は充分あるかと。
僕もブアカーオのムエタイ試合を日本で見たいです。
小比類巻選手はムラがありまして、調子いいときはクラウスからダウンとって勝ったりしますから、平均するとこのくらいという評価です。

すしねたさん
ブアカーオと比べるとドラゴはだいぶ見劣りしますが、他の選手との相対的な位置づけを考えるとこのくらいが妥当かと思います。K-1での試合数がまだ少ないので誤差は大きいと思いますが。
ドラゴが伸びる可能性が高いと思った理由は、1若さ、2技術の未熟さ、3K-1への意気込み です。特に2はドラゴの最大の欠点ですが、逆に伸びしろでもあります。あのパワーに技術が伴えば脅威です。
ジョーダン・タイはブアカーオに負けて以来あまりK-1に出てこないですが、ヨーロッパのスーパーリーグではトップクラスの戦績ですよ。
by しょちょう (2006-09-23 11:20) 

SNOW

ガーオガイ一団がオランダに到着したみたいです。
黄色い服のおじ(い)さんはジョッキージムの会長さんです。
http://www.kaewsamrit.com/theforum/viewtopic.php?t=729
ヨーセングライは前に「ブアカ-オに勝てるよ」と言っていたので、きっとこれから偏差値を上げますよ!でもしょちょうさんのご意見も一理(どころじゃないかも...)あるのでMAX参戦は難しそうですね。
by SNOW (2006-09-30 00:59) 

Traveler-S

レポート&コメントありがとうございます!
TVでは分らない雰囲気がわかって面白かったです。
黄色い声(笑)

まさとは、ファンでもアンチでもないんですが、期待されているので改心して頑張って練習してブアカーオといい試合見せてほしいですね。いいもん持ってると思うんですよ。

昨夜のK-1当然!見ませんでした。
ガオグライが心配です。どうなっているんですかね?
K-1に再び戻ったのは、彼の影響なんで。
by Traveler-S (2006-10-01 12:21) 

SNOW

ガーオガイの試合結果を一応。10月1日、オランダであった試合はガーオガイの1RKO負けでした。試合の模様は下記から見れます。http://www.youtube.com/watch?v=7DcQUn-EeDg
その他、チャワリットやマライペットも負け、ソムランチャイただ一人勝った模様。詳しくはこちら↓
http://www.k-1fans.com/forum/viewtopic.php?t=22386
しょちょうさん、、残念です。。
by SNOW (2006-10-04 20:50) 

しょちょう

SNOWさん
貴重な情報ありがとうございます。どうもガオグライはここのところ不調ですね。やはりヘビー級相手に善戦することで真価を発揮する選手なのかもしれませんね。ブアカーオが絶好調なだけにとても残念です。

Traveler-Sさん
僕もヘビー級は一切見てませんよ。元々ヘビーには興味がなかったのですが、ガオグライが出ているから見ていたわけで、そのガオグライが出なくなった以上、見続ける理由を見出せません。特に武蔵とかレバンナとかどうでもいいですね。魔娑斗はどうも年末は逃げるようですね。
by しょちょう (2006-10-04 23:53) 

SNOW

写真がありました。
タイ人選手たちはこのラウンドガールにやられたのではないでしょうか?悪意を感じます(冗談です)。
http://www.fighttalk.nl/forum/viewtopic.php?t=11868
来年からガーオガイはまた勝ちだすと思います☆マイペンライですよね。
by SNOW (2006-10-06 00:35) 

しょちょう

SNOWさん
ガオグライらしからぬ不用意な一撃を喰らってのあっさりKO負けですね。押しているように見えたのですが、カウンターが入ったみたいですね。残念です。また次に期待しましょう。
by しょちょう (2006-10-08 21:45) 

にこちゃん

こんにちわ
ガオグライまけちゃって残念ですね
ところで、韓国で今年K-1のドラマをやったようですが
タイの選手が出ていたらちょっとみてみたいような
日本での放送は秋からだときいてましたが
いつなんでしょうね・・

更新楽しみにしてます♪
by にこちゃん (2006-10-12 11:47) 

しょちょう

にこちゃんさん
ガオグライは最近調子悪いですね。いかんです。ヘビー級に出たりミドル級に出たりで、体調管理が難しいのかもしれませんね。早くあの勇姿が見たいです。
韓国でK-1のドラマですか・・・・ホンマンが主役だったら僕は見ませんよ。笑
by しょちょう (2006-10-18 18:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。