So-net無料ブログ作成
検索選択

K-1サイドの「次の一手」 [ブアカーオ]

日本全国のブアカーオ・ファンの間で今最も話題になっていること

それは

「K-1主催者は今後どうやってブアカオを干すのか?」という重大案件。

ヘビー級においてセーム・シュルト降ろしのために急遽「掴み禁止令」を発令したように、今後K-1サイドはブアカーオ潰しのための手を打ってくると思われる。

この件に関して前記事に対する「かいなさん」のコメントが参考になる

1.蹴り足を掴んでからの攻撃を禁止!
2.前足へのローキックを禁止!
3.マサトの顔を殴るの禁止!
4.ブアカーオそのものを禁止!

1について:

現在のルールでは蹴り足を掴んでからの攻撃は一回までとなっている。今回ブアカーオはこのルールの範囲内で最大限の攻撃を見せた。これを禁止してくる可能性はある。ただし、この攻撃方法は、そうくると分かっていれば防ぎようがある方法なので、今回の試合のビデオを見て研究してくるであろう今後の対戦相手には通用しないかもしれない。

2、3:について

これを封じるとそもそも試合自体が成立しなくなるので、さすがにないであろう。

4について

最も露骨なやり方であり、去年までであればあり得ない方法ではなかった。物凄く悪い条件で試合をさせ、負けた途端に「もうブアカーオは過去の人」とばかりに試合を組まなくなる。

しかし運悪く、今回ブアカーオは前人未到の「2-time Champion]になってしまった。こうなってしまっては今後の試合に呼ばないわけにはいかない。「王者ブアカーオに他の選手が挑戦する」という図式を前面に出さざるを得なくなる。K-1としては、内心忸怩たる思いであろう。

ということで、現実的には1の「蹴り足掴み禁止令」が最も可能性の高いオプションではないかと思う。

みなさん、今後のK-1の出方に注目しましょう!


 


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 11

チョムプー

昨夜は忙しかったため、オットのために録画していたK1を、ブアカーオ勝利!のニュースに今日ソッコーで見ました!いやびっくり!すごい!よくここまで努力しましたね!超うれしいです。表情も、とてもよかったですね~、獲物をおいかけるような精悍な顔から、不敵な笑みまで・・・。ひさびさに「保存版」にしました。オットが格闘技好きでなかったら、知らなかったブアカーオ。オット、ありがとう!(違?)
by チョムプー (2006-07-01 18:58) 

ぷりん

生まれ変わったブアカーオは、誰の目から見ても圧倒的に強く、美しい
ことは明らかです。K-1 MAXの至宝と言っても過言ではありません。
今回の大会は魔娑斗目当ての人でも格闘技の本当の面白さ、美しさの
片鱗を感じたのではないでしょうか?

発想の転換で、ヘビー級でいうところのシュルトのような
「強すぎるから弱体する」ような扱いから、ミスターパーフェクト
Four Times Champion アーネスト・ホーストと同じような誰もが認める
鉄人的な位置づけに人はしてあげたらどうでしょうか?
よって、これ以上の弱体化はせず、強い者は強いと認めてあげて
欲しいですね。

今までK-1サイドはなんとか魔娑斗に華を飾ってもらおうと、
ブアカーオ弱体化に躍起になってきましたが、
魔裟斗路線は本人の引退願望や年齢などの問題から、
この先、長く続けていくことが無理なのは明らかです。
魔娑斗がずっとMAXに出続けるという現時逃避をするのは
そろそろやめて、次のことを考える時期に直面したと思います。
今回のトーナメントを見た人は本当の格闘技の素晴らしさに
気付いてしまいましたから...
by ぷりん (2006-07-01 19:28) 

ひら

ブアカーオはホントに凄かったですね。
優勝が決まった瞬間はTVの前で「うおお~やったぁ!」と両手を振り上げて
喜びました。
次の対戦相手は誰になるのかなぁ、と早くも気になります。
by ひら (2006-07-01 23:28) 

kenta-ok

現実的には、武蔵のように判定狙いの作戦がよいと思います。
by kenta-ok (2006-07-02 01:39) 

flightmaster

ブアカーオ強かった!
今のブアカーオは、パーフェクトに近いファイターになっていると思います。
あまり強力ではなかったパンチをあれだけのモノにし、
前回の課題だったスタミナ面も克服。素晴らしいの一言です。

それにしても「ブアカーオ潰し」、谷川ならやりかねないですね!
日本人選手や一部の人気選手(クラウスとか)を贔屓しすぎなんですよね~。
ルール改定なんかしないで、純粋なファイトが見たい!

あとTBSの放送って、余計な紹介VTRとかが長すぎて、
いつも肝心の試合中継がおろそかになる。
いつだったか(前回だったかな)決勝がダイジェストだった時もありましたよね。
あれは止めて欲しいものです。
by flightmaster (2006-07-02 08:37) 

sigarami

うわー、何処にコメントを残せばいいのか迷うぐらいの渾身のエントリですね。
ちなみにまだ、試合は見てません。

ブアカーオを潰す方法は、
 ・ヘビー級とやらせる
 ・総合をやらせる
 ・一度、判定でも負けたら、谷Pが酷評⇒隔離
という手もあるでしょう。

もう、ルールで束縛するのは無理です。ブアカーオの強さは
練習の水準以外にも、その卓越したリズム感と、目のよさに
起因するもので、これは老衰か、モチベーションの著しい低下
以外では取り除けません。

しかし、逆に言えば、K-1がブアカーオに対して厳しいのは、
ちょっとK-1をかじった事のある人なら公然の事実となってしまい、
逆境を跳ね返したブアカーオに対しては逆にファンが増加して
ますから、無理に外す必要性自体が無くなったかも知れません。

人気選手といっても、その人気の分だけ順調にアンチが育ってきて
いますし、長くやってれば実力に応じた所に自然に落ち着くような
気がします。(日本人贔屓は残るにせよ。)

ブアカーオ強すぎ問題よりも谷Pとしては、K-1全体、格闘技全体の
人気低下の方が深刻な問題で、あらたなカリスマ作成が急務なん
でしょうね。まぁ、それをボクサーに求めるのはどうかと思いますが。
by sigarami (2006-07-03 14:18) 

しょちょう

チョムプーさん
僕も言います、ありがとう、オットさん!
保存版?もちろんですよ。僕は重ね撮りしてしまわないようにテープのツメを折りましたよ。魔娑斗の入場シーンがフルに入ってしまったのが残念ですが、この際贅沢は言ってられません。さらにDVDが発売されたら速攻で買いに行く予定です。もちろんテレビでカットされた対ドラゴ戦とブアカーオのインタビューを見るためです。

ぷりんさん
ブアカーオがホーストのような扱いを受けてくれれば言う事ないのですが、現実はそうではないだろうと思います。ホーストがチャンピオンになったのはK-1が比較的まともな団体だった頃です。この期におよんでまだ「ボビー・オロゴンの弟をMAXに参戦させる」などと戯言いってるようなプロデューサーが牛耳ってるような団体は、ぷりんさんが期待するようなまともな反応はしないでしょう
でも確かに魔娑斗はこれで終わりかもしれません。いづれ彼の代役を日本人の中で見つけるのでしょうが、当面のヒーローとしてブアカーオを使う可能性はありますね。今後の動向に注目しましょう。

kenta-okさん
武蔵のようになってはいけません。あれはダメです。

いのいのさん
TBSのセンスのよさには毎度感心させられます。今回も魔娑斗の入場シーンを2回もフルで映していましたね。CMとCMの間が魔娑斗の入場シーンだけなんですよ。そしてドラゴの試合は2試合とも途中カット。えらい待遇の違いです。
by しょちょう (2006-07-03 21:59) 

しょちょう

sigaramiさん
ぜひご覧になって感想をお聞かせください。見て損は絶対しませんよ。
確かに新たなカリスマの育成は急がねばなりません。魔娑斗はこれで引退かもしれませんし、K-1人気も最近かげりが見え始めていますからね。プライドも失速中ですし、格闘技全体が暗いムードに覆われていますね。
理想的には今回のV2によってブアカーオが「新しいカリスマ」として前面に押し出されてくれればいいのですが、試合後の谷川Pの言動などを見ていると到底そうなるとは思えません。これについては後日記事にしたいと思います。
by しょちょう (2006-07-03 22:29) 

すしねた

はじめましてしょちょうさん、時々覗かせてもらっているすしねたという者です。とても読み応えのあるブログですね。

ブアカーオ優勝に気を良くし、試合部分だけ録ったVHSを毎日観ては一人でにやけているのですが、とても気になることがあるんです。それは谷川氏が非常にボキャブラリー少なく、まったく同じ台詞を何度も何度も繰り返すこと。とくにダウンがあった後にかなり高確率で発せられる「ダウンですねー」には、(見りゃわかるんだよこらああ)といちいち反応させられる。いわゆるキャラのつもりで演っているとも思えないですし、頭がおかしいのではないかと本気で考えてしまいます。プロデューサーというのは頭悪くても務まる役職なのか、それとも聞かせる相手(観客、視聴者)を低く見ているからああいうしゃべり方をしているのか、はたまた裏で誰かが操っているというのもありですね。彼のしゃべりを聞いていると色々と想像がふくらみます。

それはそうと今のブアカーオに対してまともに相手になる選手は、万全の状態のアンディ・サワーくらいしかいない気がします。谷川氏(あえて氏をつける)は9月の対抗戦ではブアカーオに小比類巻(!)かアマラを考えているとおっしゃておられましたが(あえて敬語にする)、出来ればワンマッチでブアカーオ対サワーを観れたらなーと思います。いきなりの長文+駄文で失礼しました。
by すしねた (2006-07-03 23:36) 

しょちょう

すしねたさん
はじめまして。ブアカーオV2おめでとうございます。
谷川Pの解説ははっきり言って素人以下ですね。貧困な語彙もさることながら、勝たせたい選手に肩入れしすぎたコメントなど聞くに堪えません。おそらく脱税で上告中の前プロデューサーの操り人形なのでしょう。
9月の試合についてですが、小比類巻でもアマラでもブアカーオには勝てないでしょう。彼らの経験値上昇という意味では有意義なのかもしれません。ブアもV2してしまったので、下手に負けられなくなってしまいました。魔娑斗のように格下の相手しか当ててもらえなくなるかもしれません。
by しょちょう (2006-07-05 00:00) 

NO NAME

3.マサトの顔を殴るの禁止!
4.ブアカーオそのものを禁止!

面白すぎる!
by NO NAME (2007-03-31 06:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。