So-net無料ブログ作成
検索選択

この英語、正しいですか? [その他いろいろ]

今日うちの郵便受けに「英語で育てる幼稚園」なるチラシが入っていました。通常ならゴミ箱に直行するのですが、気になる英語が目に飛び込んできたので読んでしまいました

『Good morning, teacher John! と英語が飛び交う、まるでここは外国の幼稚園。能力の80%は幼児期に決まると言われています。大切な幼児期だからこそ、幼稚園選びの一つとして説明会に参加してみませんか?』

僕は出版物の「てにをは」の間違いや誤字脱字を見つけては鬼の首でも獲ったかのように喜ぶタイプの人間ではないと思っているのですが、このGood morning, teacher John!はなんか気になります。こんな表現、ネイティブの人たちするんでしょうか??

日本語の「先生」の場合、教師を意味する普通名詞としての「先生」と、敬称としての「先生」の両方をとりうるので、こういった表現は不自然ではない。

「ジョン先生!」

「先生という職業は・・・・」

いづれも可能である。

しかし英語のteacherという語に、MrやDrのような敬称の役割があるというのは初耳だ。僕が知らないだけで、一般にはよく知られた用法なのだろうか?一応、ジーニアス英和大辞典およびOxford Advanced Learner's Dictionaryで調べてみたが、このような用法の記載は無かった。

仮に、まかり間違って「teacher」に日本語の「**先生」のような用法があったとして、それでも不自然だと感じるのは、Johnという名前に敬称をつけている点である。Johnというのは通常、男性のファーストネームである場合が多い。ファーストネームに敬称をつけるというのは、日本語ではありえても英語ではかなりあり得ない表現方法のはずだ。

「良子先生」とか「太郎先生」というのは聞いたことあるが、「Mr Tom」 とか 「Dr Jane」とか、そんなの聞いたことはない。唯一の例外はSirで、この敬称がつく場合、少なくともイギリスではファーストネームで呼ばれるのが普通である。

一応、この「Good morning, teacher John!」は幼稚園児が言っているという設定になっているので、間違えていてもまあ問題ないのだが、わざわざ間違えてる英語を広告に載せる必要もなかろう。大丈夫なのかな、この幼稚園?写真に写っている先生はどう見ても日本人で、teacher Johnではなさそうだし。

ついでに言うと、日本語もなんか変です、この広告。

nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 9

NO NAME

Dood morning!
by NO NAME (2006-05-28 19:52) 

しょちょう

Thanks
by しょちょう (2006-05-28 22:28) 

卿珍

いまでは廃れた用法ですが、奴隷や召使は、主人をMr Tomのように、『肩書き+ファーストネーム』で呼びますね。
by 卿珍 (2006-05-29 07:07) 

しょちょう

響珍さん
はじめまして。すごいですね、そんな用法をよくご存じですね。情報提供ありがとうございました。ファーストネームに敬称なんて・・・・奴隷のしつけはしっかりよろしくですね。
by しょちょう (2006-05-29 10:41) 

gutta

しょちょうさん、ご無沙汰しています。

teacher Johnはさすがに聞いたことはありませんが、ある意味特殊な環境にいるので知らないだけかもしれません。
by gutta (2006-06-04 06:47) 

KDN

きちんとした日本語も使えない幼稚園で英語を教えてもらっても無駄なだけ。
自分の子供は入れたくないですね。…まだいませんが。
by KDN (2006-06-05 14:29) 

しょちょう

ぐったさん
他にも英語に堪能な方数名にお聞きしたのですが、やはりみなさんそういう表現は聞いたことないとのことでした。日本語の「おはようございます、ジョン先生」をそのまま直訳してしまったのでしょうね。

KDNさん
そうですね。でも結構人気あるみたいです、この幼稚園。近所のお母様方の間でよく話題になっております。
by しょちょう (2006-06-07 09:26) 

frediefrog

私は子供をイギリスの保育園に入れてましたが、保育士にはファーストネームでよぶのがふつうですね。帰国しましたが、日本の保育園で保育士に対して「先生」と呼ぶのにとても違和感があります。
by frediefrog (2006-06-08 10:56) 

しょちょう

frediefrogさん
しばらく日本にいれば「先生」になれますよ。逆に先生をファーストネームで呼ぶのに抵抗がでてくるかもしれません。違う文化を行き来するのは面白いですね。
by しょちょう (2006-06-18 10:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。