So-net無料ブログ作成
検索選択

やり直しの人生(2) [その他いろいろ]

ますます空想に拍車がかかってきました。もうほとんど妄想の世界ですが・・・・・ とりあえず前回のストーリーの続きです。

スペインからキューバに飛びます。直行便があるのかって?そんなの気にしません、空想ですから。

中南米一の穴場と言われるキューバで、スペイン語に磨きをかけ、サルサを学び、運が良ければアモーレもします。いい感じで数ヶ月をすごし、心身ともにラテンになったところで中南米を縦断します。メキシコ→中米諸国→コロンビア→ブラジル→ペルー→チリ→アルゼンチン。「宇宙とは」「自己とは」と内省していたインドとは打って変わり、ここでは小難しいことは一切考えません。すべては本能の赴くまま、「気持ちいいかどうか」で意思決定がなされます。

さて、1年近く遊んだ快適な南米を離れ、いよいよバックパッカーの行き先としては最難関の地、アフリカに向かいます。日本を離れ早3年。この頃には海外放浪者の間で、僕はちょっとした有名人になっているでしょう。「しょちょうさんはペルーの山奥で麻薬ゲリラに殺されたらしい」とか「アマゾンの奥地で未開人と一緒に暮らしている全裸の彼を見た」といっ目撃情報がまことしやかに「旅行人」あたりの通信欄に出ていたりすることでしょう。

そんな世間の心配をよそに、彼は飄々と旅を続けます。アフリカは南アフリカからスタートし、「日本人男性の楽園」ことマダガスカル島に長期逗留し、タンザニア→ケニア→ウガンダ→中央アフリカ→象牙海岸の国々→モロッコと来ます。ユーラシア、アメリカ、アフリカという3大陸を連続制覇した「21世紀の電波少年」ということでマスコミの取材を受ける。

モロッコからスペインに再び入り、ヨーロッパを最速で横断し、モスクワまで来ます。ここでシベリア鉄道に乗り、イルクーツクあたりで下車。南下してモンゴルに入国。ウランバートルからバスと鉄道で旧満州こと中国東北部に進入。大連まで突き進む。そこから飛行機で日本に帰国。帰国後、4年にわたる放浪の旅の顛末を綴った著書を出版する。これだけやってもまだ24歳。時間はたっぷりあります。その本の印税を学費に、まっとうに大学に通い、数学とコンピューターを学び、28歳で卒業と同時にベンチャー企業を立ち上げ、30代で香港の高層マンションの最上階に住み、40歳で会社を売却しリタイヤ、放浪人生の第二部に突入する。

続く(ってまだ続くんかい!)
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 4

みらの

しょちょうのブログを読んで、私もやり直しの人生を考えてみたくなりました。現実味はないけど、妄想するのって本当に楽しそう。近いうちに自分のブログにアップするようにします。しょちょうに質問!マダガスカルが日本人男性の楽園なのは、どうしてなのか教えてください。
by みらの (2006-05-24 23:18) 

しょちょう

みらのさん
それは秘密です。実際に行って確かめてみてください。笑
そちらの妄想も楽しみにしてます。
by しょちょう (2006-05-26 16:30) 

>28歳で卒業と同時にベンチャー企業を立ち上げ、30代で香港の高層マンションの最上階に住み、40歳で会社を売却しリタイヤ、放浪人生の第二部に突入する。

イヤー、ちょうどあの頃でした、しょちょうさんと出会ったのは、あの時、たまたまヒマヒマでベンチャー企業の手伝いをしてみたんです。公開にも成功し、私も恩恵に預かりました。そのお陰で、今は、こうやってハワイと函館で半年づつ、隠居生活を送っています。その頃のお話は、しょちょうさんが、いつか紹介してくれるでしょう。

と言う妄想をしてみました。
by (2006-05-27 06:52) 

しょちょう

みちあき
最後の一文を見るまで本当の話かと思ってましたよ。いやいや、なかなか素晴らしい妄想です。こういうを考えるのは楽しいですよね。
by しょちょう (2006-05-28 18:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。