So-net無料ブログ作成
検索選択

ブアカーオ包囲網(2):秘密兵器 [ブアカーオ]

その名はファリッド・ヴィヨム。K-1 World Max 2005日本代表決定トーナメントのスペシャル・マッチでK-1に初参戦してきた男である。K-1のオフィシャルサイトには以下のように紹介されている。

フランス人だがタイでも活躍しており、昨年の『キングス・バースデーカップ』では準優勝。タイのプロモーターが「ブアカーオに絶対勝てる選手」と太鼓判を押す強豪だ。」

この文面、ヴィヨムが強いことを示すと同時に、K-1がタイのプロモーターに「ブアカーオを倒せる男を連れて来い」と依頼したことも暗に示している。

僕はタイでこの『キングス・バースデーカップ』すなわち「タイ国王誕生記念ムエタイ選手権」のビデオを見たことがある。ヴィヨムはすべてKO勝ちで決勝に進み、ムエタイ出身で後にアテネ五輪ボクシング銅メダリストとなるスリヤー・ソープルンヂットと対戦。判定で負けはしたものの、このトーナメントで一番僕にインパクトを与えた選手だった。

ヴィヨムの戦績は凄まじい。公式サイトによると59戦/55勝/4敗/37KOという成績である。しかもこのヴィヨム、全体的な技のバランスがいい上に相手のキックに合わせたカウンターストレートが抜群にうまい。ブアカーオのようにミドルキックを多用する選手にとっては天敵のような存在である。実際、この人はタイ人キラーである。インタビューで以下のようなコメントをしている

「今まで勝ったムエタイの選手? オロノー、ワンロップ、サイマイカーオ、ルンピニー2位のビーホックノーイ、ラジャ王者のサゲッダーオは2ラウンドで倒したし、同じくラジャ王者のマンコンも3ラウンドで仕留めた。ヌントラガーンにも3ラウンドKO勝ちして…、まだまだいるよ。」

さて、このヴィヨムのK-1での初戦だが、相手は日本の輝浪。2005年1月22日ムエタイの殿堂・ルンピニースタジアムにてトルコのハッサン・ターカンを破り、WPMF世界スーパーウェルター級王座を獲得した男である。今日本で最も勢いのあるキックボクサーの一人である。

公式サイトによると、試合内容は以下のようなものだったらしい

「 まずは両者、軽い攻撃での探りあい。ヴィヨムがジャブ、前蹴り、ミドルといったムエタイ式の攻撃でペースを掴みかける。が、輝浪がノーモーションで放った左ハイでヴィヨムがダウン。ここから輝浪が攻撃のテンポを上げていくが、ヴィヨムも着実に攻撃する。
 2Rに入ると、試合は一転してヴィヨムのペースに。ジャブ、ミドル、ヒザと徹底して左の攻撃で攻勢をかけるヴィヨム。輝浪は前蹴りで自分の間合いに持ち込みにかかるも、常にヴィヨムが先手を奪う展開。
 3Rになると、いよいよヴィヨムが圧倒。ジャブ、ヒザに加えて左右のフック、アッパーのコンビネーションも決まり、一方的な展開に。輝浪は顔面をボコボコに腫らした状態。ヴィヨムが2、3Rを取り返したため、判定はドローに。延長では輝浪も必死の反撃を見せるが、やはりヴィヨムの攻撃が上。左のヒザ、ハイを当てまくり、ペースを譲らないまま試合終了。延長のジャッジは文句なしの3-0でヴィヨムの勝利となった。」

 試合後のヴィヨムのコメントは以下のようなものである。

「最初のハイキックは、ちょっとビックリしてしまった。注意がそれていたところに入ったので。ただ、すぐに回復できたので、問題はなかった。今日は時差の関係もあって、力を出し切れなかった。次も呼んでくれたらうれしいね。」

僕もヨーロッパからアジアに戻ったときの時差ボケは経験しているが結構辛いものである。その状況で試合をして上記の内容。しかも試合後のこの写真

 

両者のダメージの差は明らかである。

ヴィヨムはまさにブアカーオを倒すために送り込まれた刺客といっていいだろう。5月4日に行われる開幕戦には出場しないようだが、世界王者決定トーナメントには特別枠で入ってくる可能性がある。その場合はブアカーオと同じブロックに入ってくるものと思われる。トーナメントの早い段階でお互い潰しあいをさせるためだ。去年のブアカーオとウェイン・パーがそうであったように。

ただ、このヴィヨムが強すぎると今度は集客力のある日本人選手が優勝できなくなってしまう。主催者側は毒をもって毒を制したはいいが、自分もその毒にやられてしまうことになりかねない。そこらへんの微妙なバランスをどう取るか、主催者側としても頭の痛いところだろう。状況によってはトーナメントへの参戦はなくなるかもしれない。その場合はブアカーオは救われたことになる。

しかし、K-1のブアカーオ封じはこれだけに留まらない。さらなる奥の手を準備していた。

続く

関連ページ

ブアカーオ包囲網(3) http://blog.so-net.ne.jp/syocho/2005-04-26

ブアカーオ包囲網(1) http://blog.so-net.ne.jp/syocho/2005-04-17

ガオグライ関連の記事一覧

ブアカーオ関連の記事一覧

 


nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(4) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 12

fragancia04

なんですと?!その秘密兵器は今度の開幕戦にはまだ出てこないのですね。それにしても、悪徳大名一族のようなK-1陣営ではありませんか?
こぉなったら私はムエタイ選手(ブアカーオ)を全身全霊で応援します!
って、どうすればいいんだろ…(汗)
by fragancia04 (2005-04-21 23:48) 

しょちょう

fraganciaさん
僕もブアカーオを全身全霊で応援しますよ。
応援の仕方は人それぞれだと思うのですが、ブアカーオを応援していることや、主催者側の汚いやり方についてこうやって人目に触れるところに書くが私のやり方です。
関係ないのですが、もしガオグライがこのままヘビー級に出続けて大怪我でもした日には、僕はガオグライの家族と一緒に「K-1を訴える会」を作って賛同者を集めるつもりです。これは結構本気です。やりますよ。
by しょちょう (2005-04-22 02:37) 

あきえ

↑万が一そんな事態になったら私も賛同します!!
ガオグライもブアカーオも、もっとフェアに扱ってあげてほしいです。
by あきえ (2005-04-22 09:10) 

fragancia04

>「K-1を訴える会」を作って賛同者を集めるつもりです。

ホントですか?!私も是非入れてください。お願いします。
これ以上奴らを好き放題、野放しにしたくありません。
by fragancia04 (2005-04-22 09:30) 

しょちょう

あきえさん
全くです。特にブアカーオへの待遇はひどいですね。また何かやったら僕は容赦せずに書きますし、抗議メールをスポンサーに送りますよ。
いくら本人が同意しているとはいえ、あそこまで体重の違う選手とやらせ続けるのは明らかに危険です。危険を承知でやらせ続けて何か起これば責任を取るのは当然です。タイの人はそこらへん日本の法律にも疎いでしょうし、泣き寝入りしてしまうのではと心配します。ですからそのときにはお手伝いしたいなということで。そうならないことを祈ってますが・・・
by しょちょう (2005-04-22 09:34) 

しょちょう

fraganciaさん
そのときが来たら、みんなで決起しましょう!
by しょちょう (2005-04-22 09:37) 

meew

ここ数日、ガオグライが試合中に怪我でもしやしないか、いや、怪我ぐらいならいいけど、100kg以上もある人のパンチをまともに喰らって・・・そんな考えが頭をよぎっていたのです。決起のときはお知らせください。
by meew (2005-04-22 12:49) 

しょちょう

僕もまったく同じ心配をしてます。大きな怪我をせず、このままやっていければそれに越したことはないのですが。
by しょちょう (2005-04-22 15:55) 

あきえ

ガオグライの試合…毎回「怪我をしないで、無事にリングを降りてきて」と、祈るような気持ちで見守ってます。
京都に「ひとつだけ願いをかなえてくれる」という事で有名なお寺があるので、今年はそこに「ガオグライが怪我なくGP優勝」祈願をしに行こうかと本気で考えてます。
by あきえ (2005-04-22 17:21) 

しょちょう

あきえさん
すごいです、そのお寺でご自分のことではなく、ガオグライのことを祈願するなんて!
by しょちょう (2005-04-22 17:47) 

あきえ

自分でもなぜここまで無条件に応援したくなってるのか謎です(笑)今までも好きなスポーツ選手とか居たんですけど、ガオグライに対する肩入れは別格ですね。しょちょうさんが「ガオグライは勝ち組・続編」で述べられたファン心理は、私にとってもかなり図星かもしれません。
実は3月19日のソウル大会、翌日から一泊旅行に行ったのですが、あまりのショックに気もそぞろで全然楽しめなかったんですよね^^;去年の武蔵判定の時も悔しかったんですが、ホンマン判定はそれ以上に納得できなくて。何より、あの無謀な戦いでも、果敢に攻めてクリーンヒットを出していた彼がなぜ報われないのかと不憫で不憫で。
ブアカーオにも言える事ですが、彼らはただ純粋に、自分たちにとっては不利な条件ばかりのリングの上で、それでも正々堂々と戦っています。その姿勢が報われて欲しいと、心から思いますね。
by あきえ (2005-04-23 08:21) 

しょちょう

ガオグライに関してはその人気がもはや無視できないレベルに達してしまったので、判定に関しては改善されていくでしょう。といっても日本人選手や話題性のある選手ほどは優遇してもらえないでしょうが。
ブアカーオについてはかなりやばいですね。今後さらにいじめが加速しそうな気配です。
by しょちょう (2005-04-23 18:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。