So-net無料ブログ作成
検索選択

ブアカーオ包囲網(1):勝ってはならない男 [ブアカーオ]

以前、ブアカーオ・ポープラムックはK-1において「負け組」だと書いた。http://blog.so-net.ne.jp/syocho/2005-03-18-1 この記事の主役はガオグライだったので僕はブアカーオに関してあまり詳しく書かなかった。もしかしたらブアカーオのファンの方にとっては腑に落ちない内容だったかもしれない。今回はもう少し深く掘り下げて、なぜブアカーオが今K-1において危険な立場にあるのかを説明しようと思う。

ブアカーオはK-1中量級においてまさに主催者側の「目の上のたんこぶ」である。2004年のK-1 World Max世界王者決定戦では日本のホープ小比類巻を軽くノック・アウトし、前年の王者マサトをボコボコにした。今のところ集客力のある日本人選手でブアカーオには勝てそうなのは一人もいない。K-1としては収益をあげるために何としてもマサトか小比類巻か山本KIDに勝ってもらわなくては困る。そのためにはブアカーオは邪魔者以外の何者でもない。

そもそも、ブアカーオは最初から谷川プロデューサーから疎まれていた。2004年のK-1World Maxへの出場が決まっていたブアカーオが、その大会のわずか2週間前に突然フジ・チャルムサックとの査定試合をさせられている。キックボクシングで本番の2週間前に試合をさせるというのはかなり危険なことである。結局、接戦を制してブアカーオが勝つのだが、その試合後の谷川氏のコメントは彼の狼狽ぶりを物語っている(Bout Reviewより抜粋)

リングサイドで視察した谷川貞治K-1イベントプロデューサーも「本物が現れた。優勝候補。魔裟斗は勝てるんだろうか?」と驚きを隠せなかった。」

この発言からも分かるように、当初ブアカーオは「マサトよりも弱い選手」ということでタイから招かれた。確かにブアカーオの体重はマサトより軽いし、タイでのランキングも特筆するようなものではない。にもかかわらずマサトよりも強そうに見えたので谷川氏は驚き、心配しているわけだ。

そして、世界王者決定戦でのマサトとの決勝。この試合のテレビ放送を見ればブアカーオがいかに主催者側から嫌われているかがよく分かる。以下は試合中の実況から抜粋

アナウンサー「いやー、このブアカーオ選手物凄く強いですねー、畑山さん」

畑山(解説)「タイ人って結構アゴが弱いですからね。マサト君の重いアッパーが一発当たれば倒れますよ」

谷川(解説)「おおっ、マサトのパンチが当たりましたよ、当たった!当たった!いけ!いけ!いけ!効いてますよ!効いてますよ!マサトいけ!連打が欲しい!いけ!・・・・」

マサトがブアカーオに当てたのはこのストレート一発だけだった。ブアカーオは無数の前蹴り、膝蹴り、ミドル、ストレートをマサトにヒットさせ続けた。マサトはもうボロボロだったが、ブアカーオには何のダメージも無い。3Rが終了して誰の目にもブアカーオの優勢は明らかだった。

しかし判定の結果は「ドロー」

主催者側が判定を操作していることは明らかだった。何としてもマサトに勝たせたいという執念のようなものすら感じる。結局、延長ラウンドにおいてもブアカーオがマサトを圧倒し次の判定によってブアカーオの優勝が決まる。

試合後、ブアカーオがチャンピオン・ベルトを巻くシーンが一瞬だけ映ったが、あとは花道を歩くマサトばかり映している。

アナウンサー 「マサト選手残念でしたねー」

谷川 「いやー、最初の2試合でのダメージがありましたからね、試合前からずいぶん状態に差があったんですよね」 (注:実際には両者ほぼ同じラウンド数やっている)

畑山 「来年もぜひがんばってもらいたいですね」

・・・・・・

K-1にとってさらに悪いことにブアカーオは若い伸び盛りの選手である。ブアカーオは22歳、マサトは26歳。しかもブアカーオは今回が初めてのK-1参戦である。ムエタイからK-1への適応が完全にできているわけではない。これからもっと強くなる可能性がある。谷川氏も試合後のコメントで

「ブアカーオは長期政権を築いてしまう可能性がある」

と心配の色を隠せない。

そこでK-1はブアカーオ封じの第一手として秘密兵器の投入を計画する。

関連記事

ブアカーオ包囲網(2) http://blog.so-net.ne.jp/syocho/2005-04-21

ガオグライ関連の記事一覧

ブアカーオ関連の記事一覧


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(5) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 4

fragancia04

こんにちは!
ブアカーオのカテゴリーを作られたってことは、これからしょちょうさんによるブアカーオ論がどんどん展開するわけですね!楽しみにしています。
タイ人が大きくなって欲しいと思ったのは、タイ国においてブアカーオの相手がいないから、ということもあります。短絡的ですが…。常に試合をしなければ選手として強さを維持できないし、だから今は日本に来てK-1で試合することが彼にとって大切なんだと思います。だけど、いいように利用されるのは辛いです。
彼が純粋に強くありたいと努力していると思うから、本当に辛いです。この前のクラウス戦も、いきなりのルール変更、まるで彼をいじめているようにしか思えません。そんな中でも、どんどん強くなってくれることを望みますが。

ボクシングはウィラポンが負けてしまいましたね…。完全にウィラポンを応援してた私って、もう治療しようがない状態です。
by fragancia04 (2005-04-18 10:52) 

しょちょう

fragranciaさん、こんにちは。
その急なルール改正については第三話で書きます。次は秘密兵器の話です。お楽しみに。
ウィラポンがついに負けたんですか?お気の毒に。ずいぶん長くチャンピオンやってましたからね。年齢的にもう限界だったのでしょう。よくがんばったと思います。
by しょちょう (2005-04-18 12:03) 

海娘。

楽天での訪問ありがとうございます!
ブアカーオについて論がのべられていて楽しいです。
私は代々木で感染したときにハグできただけでかなり有頂天ですが・・。
やっぱりムエタイは強い!と思います。
正確なしなやかなキックがホントに見ていて楽しい。
もっとガンガンうちまくってやってほしいですよね。
スタミナはあるように思うので・・・。
この頃生で観戦できてなくてつらいのですが、
埼玉であるときは是非いきたいですね!
残念ながらMAXは埼玉ではやらないが残念。。。、
by 海娘。 (2005-04-29 00:28) 

しょちょう

海娘さん
ようこそ。ブアカーオにハグされたというのはすごいことです。僕はゲイでは全くないのですが、正直羨ましいです。調子に多少の波はあるでしょうが、基本的に今後も強くなっていくと思います。応援しましょう!
by しょちょう (2005-04-29 04:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。